産経新聞社は、市場が急速に拡大している音声市場に進出。第1弾は、産経新聞が長年にわたって取り組んできた「拉致報道」の歴史を回顧した音声ドキュメントです。ニュースサイト「産経ニュース」( https://www.sankei.com/ )で、4月19日(月)から配信しています。北朝鮮による日本人拉致事件を初めて報じ、横田めぐみさん拉致をスクープした本紙の視点で、これまでの報道を再検証しました。拉致は、どのような経緯で発覚したのか。なぜ拉致が、政府やメディアから無視されてきたのか―。北朝鮮による重大な主権侵害、人権侵害である拉致事件を風化させないという意図の下、制作しました。 原作は、1980年に北朝鮮が“アベック”を拉致していた事実を報じ、1997年に横田めぐみさん拉致をスクープした元産経新聞社会部記者、阿部雅美氏の著書『メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道』(2018年、産経新聞出版)です。原作を抜粋の上、再構成しました。1話あたり約10分。若手噺家・柳亭市好(りゅうてい・いちこう)さんのナレーションと、効果音を入れた臨場感あふれる演出で、とても聞きやすい内容になっています。

「音声ドキュメント:北朝鮮拉致報道」
(全10話)
https://special.sankei.com/topics/37109.html


企画やディレクションとグラフィックデザインなども関わらせていただきました。

Comments are closed